SUMAIパレット

SUMAIパレット|野村工務店

住みたい街を探そう!【02】枚方市ってどんなところ?

00
 
土地を探すときは、まず「どこに住みたいか?」を考えるのではないでしょうか。そこで、SUMAIパレットでは数回にわたって、大阪府内の街をご紹介します。第2回目は、京都府・奈良県の県境に位置する大阪のベッドタウン「枚方市」です。どんな暮らしができる街なのか?さっそくご紹介していきましょう!

 

大阪・京都・奈良どこへ行くにもアクセス抜群!

 
平成29年に市制施行70年を迎えた枚方市。人口約40万人と、大阪府内で4番目の中核都市です。京阪本線と京阪交野線、JR学研都市線によって大阪中心部へのアクセスがしやすく、大阪のベッドタウンとして発展しました。京阪電車の特急が停車する「枚方市駅」を中心に、京阪モールや枚方T-SITE、くずはモール、ひらかたパークといった商業施設が充実していることも魅力のひとつ。「枚方市駅」から少し離れれば、閑静な住宅や田園風景が広がります。
 
 
Print
 
三角形のような形をした枚方市。市西部には淀川が流れ、市東部は生駒山地につながっています。市西部を通る京阪本線の枚方市駅周辺には駅ビルなど商業施設が集中し、JR学研都市線沿線の市東部には田園風景が広がる、都会と自然が共存する街。ライフスタイルに合わせて、都会的な暮らし・のどかな暮らし、どちらも選べるのが枚方市の特長です。
 
 
Print
 
京阪本線の枚方市駅から京橋駅までは、特急でわずか20分。京阪交野線沿線に住んでも、都心部へのアクセスは良好です。

 
03
 
市内東部は、JR学研都市線で京橋駅までスムーズにアクセスできます。快速が停まる長尾駅からなら、京橋駅まで25分。近鉄電車や京阪電車に乗り換えることで、京都や奈良への移動もしやすい立地です。

 
長尾元町広域 [更新済み]
 
第二京阪道路の枚方東インターチェンジから、大阪方面はもちろん、京都や琵琶湖方面へも楽にアクセスできます。枚方市内の各地域には、大型の商業施設が点在していますので、レジャーだけでなく買い物なども便利です。ただし休日の渋滞にはご注意ください。

 
05長尾駅前
 
公立保育所13か所、私立保育所(園)43か所のほか、認定こども園、小規模保育事業実施施設もあり、一部では朝7時~夜7時までの長時間保育や休日の利用も可能。保育施設が充実している印象です。市内の小学校は全部で45校。そのすべてに子どもたちの放課後の居場所「留守家庭児童会室」が設置されているそうです(2017.8.1現在)。共働きの子育て世帯にうれしいサポートですね。枚方市では近年、人口が少しずつ減少していることから、市をあげて枚方市定住促進に取り組んでいます。
(枚方市ホームページより:http://www.city.hirakata.osaka.jp/

 
 

ファッションビルに遊園地、自然豊かな公園まで揃っています!

 
新しい商業施設が次々とオープンし、発展を続ける枚方市。子育て中の家族にとって、子連れで出かけられる場所が多いのは嬉しいポイントです!遠出をしなくても、買い物やレジャーで休日を満喫できますよ!ここでは代表的なレジャースポットをご紹介します。
 
 
【枚方市駅】
 
06枚方市駅
 
京阪本線の特急が停まる「枚方市駅」。利用者数は京橋駅に次ぐ規模だそうです。大阪・京都へアクセスしやすいため、通勤・通学だけでなく、お出かけの選択肢も増えますね!
 
 
【枚方T-SITE】
 
07-SITE
 
2016年、枚方市駅前にオープンしたオシャレな商業ビル「枚方T-SITE」のファミリー向けフロアには、小さなお子様の遊び場や子ども向けの本などが充実しています。ご家族で一日中楽しめますよ!
 
 
【くずはモール】
 
08くずはモール
 
京阪電車の樟葉駅すぐにある大型ショッピングモール。多数の専門店やスーパー、飲食店が充実しており、映画館もあります!ショッピングやレジャーが一度に楽しめますね。一日では回り切れない広さがあるので、何度でも訪れたくなります!
 
 
【ひらかたパーク】
 
09ひらかたパーク
 
枚方市と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「ひらかたパーク」ではないでしょうか?京阪本線「枚方公園」から歩いてすぐの場所にあり、年間100万人が訪れる人気スポット。ヒーローショーなどのイベントをはじめ、夏はプール、冬はスケートリンクが開業。小さなお子様から大人まで、一年中、何度でも楽しめる関西を代表する遊園地です。
 
 
【山田池公園】
 
10山田池公園
 
枚方市のちょうど真ん中あたりに位置する「山田池公園」。73.7ヘクタールの広大な公園です。山田池は、なんと1200年前に築造されたという歴史のある「ため池」だそう。四季の花木や水辺の植物、野鳥なども楽しめます。バーベキューエリアや遊具エリアがあるので、家族でたっぷり遊べますね!桜や紅葉も鑑賞できる、枚方市民の憩いの場です。
 
 
【王仁公園】
 
11王仁公園
 
「王仁公園」は、枚方市が管理する公園です。芝生広場やビオトープもあり、自然たっぷり。野球やサッカーができる運動広場、テニスコート、バレーボールコート、プールなど、様々な運動施設も利用できます。
 
 
 
 
都市の便利さと自然が共存する枚方市、いかがでしたか?新居を建てる候補地には、ぜひ実際に足を運んで、暮らしをイメージしてみてくださいね!次回の「住みたい街を探そう!」の記事もお楽しみに!