SUMAIパレット

SUMAIパレット|野村工務店

どんな家に住みたいですか?知っておきたい外観デザインの考え方

00
 
「どんな家に住みたい?」と聞かれたら、家の外観を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。外観は、自分の城、小さい頃から親しむ「家」の象徴となります。そこで今回は、自分たちらしい家を作るために、知っておきたい外観デザインの考え方をご紹介します。家族のシンボルとして、世代を超えて住み継げる外観を選んでくださいね!

 

洋風?和風?好みのデザインテイストはどんな感じ?

 
昔ながらの和風建築が減り、外観デザインにこだわった住まいも増えてきました。ポップなアーリーアメリカン、可愛らしいフレンチテイストといった洋風住宅、シンプルな形状のモダンテイスト、落ち着いた和モダンの家も人気です。住みたい家のイメージが決まっていない方は、色々なタイプの外観を見て、好みのデザインを見つけましょう。
 
 
01
 
洋風住宅にも様々なテイストがあります。写真は、大きな屋根と白い窓枠が特徴的な「アーリーアメリカンスタイル」の家。明るくて力強いデザインや、カラフルな外壁などで人気を集めています。
 
 
02_1
 
純和風ではなく、和のテイストを現代の住まいに上手に取り入れた和モダン住宅は、幅広い世代の方に馴染みやすいデザインです。
 
 
03
 
シンプルな箱型のモダンデザインは、最近の流行です。こちらの家は、大きな「庇」で雨や直射日光から建物を守る工夫を取り入れました。
 
 

外観デザインの決め手となる3つの要素

 
外観デザインは間取りに大きな影響を受けますが、間取り以外にも、個性的な外観をつくるための要素があります。それは、屋根形状、窓、外壁の3つです。間取りと合わせてこれらの要素を考えておくことで、インテリアやライフスタイルに合う外観がデザインできます。
 

【屋根形状】

 
07
 
三角形の「切妻屋根」は、日本人にとって最もなじみのある屋根形状です。施工がしやすくコストは抑えられますが、オーソドックスなデザインのため、写真の物件のように外壁をツートーンにすることで、個性を表現するなど工夫が必要となるでしょう。
 
08
 
こちらは切妻屋根の一種で「大屋根」と呼ばれる形状です。2階から1階へ流れる屋根のダイナミックさが魅力。2階部分は、屋根の勾配による「傾斜天井」がインテリアとしてのアクセントになります。
 
09
 
平らな屋根は「陸屋根(ろくやね)」と呼ばれています。直線で構成されているため、シャープな見た目になりますね。屋上をつくりたい場合にも採用されることが多いデザインです。三角屋根に比べて雨や落ち葉などが溜まりやすいため、防水性やメンテナンスへの配慮が必要となります。
 

【窓】

 
10
 
窓の大きさや形は、外観デザインの一部になります。写真の家では、リビングの吹き抜けに、1階から2階にかけて並んだ高さ5mの大きな窓を設けました。窓の存在感が、真っ白な外観のアクセントになっています。
 
10
 
こちらは、道路に面して窓がほとんどない外観の例です。プライバシーを守り、騒音を防ぐため、交通量の多い敷地や市街地などでは、こうしたデザインを取り入れてもいいかもしれません。単調な建物にならないよう、外壁でアクセントをつけるのがポイントとなります。
 

【外壁】

 
10
 
ベースとなる外壁は、白やベージュなど飽きのこない色がオススメですが、自然素材などを使うことで、暖かみのある外観がつくれます。写真は杉板の表面を焦がした「焼杉板」を使用した例です。「焼杉板」は古くからある建材ですが、あえて今使うことで、和モダンな雰囲気の家をつくることができます。
 
10
 
外壁に天然石やタイルを用いると、重厚な雰囲気を演出することもできます。天然石やタイルは重量があり、費用もかかるため、玄関まわりなど、建物の一部に使用するのがポイントです。
 
 

外観デザインは「街並みとの調和」にも配慮して

 
家の外観は、その街の雰囲気をつくる構成要素の一つでもあります。古くからの住宅街にモダンな家を建てたり、奇抜すぎるデザインを選んだりすると、街の景観にそぐわないということもでてきます。個性の表現も大切ですが、好みのデザインが街並みに調和するかどうかに配慮することも大切です。新しく開発される分譲地は統一感のある外観デザインを取り入れていることが多く、街としての魅力が資産価値にも反映されます。
 
10
 
統一感のある街並みは、分譲地の魅力のひとつです。屋根の形や外壁のアクセントなどで個性を表現できるよう、施工会社とよく相談してみましょう。
 
10
 
こちらはカラフルな外壁を取り入れた、外国のような街並みがコンセプトの分譲地です。住宅街で赤や青の外壁を取り入れるのには勇気が必要ですが、写真のように街全体のデザインが統一されていれば安心ですね。個性的なデザインの家を建てたい方は、こうしたテーマのある分譲地を探してみてはいかがでしょうか。
 
いかがでしたか? インテリアや内装だけでなく、外観にもこだわり、自分らしい家を建てることで満足度が高まるのではないかと思います。また、統一感のある街並みの分譲地は、住む土地への愛着も育んでくれます。ぜひ、みなさんもオンリーワンの家を建ててくださいね!