SUMAIパレット

SUMAIパレット|野村工務店

住まいを飾ろう!ディスプレイスペースのある家づくり



00


新しい家を建てるなら、家具や小物にもこだわって、おしゃれなインテリアにしたいですよね!でも、インテリア小物をセンス良く飾ることは、初心者にはちょっと難しい…と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、小物のディスプレイスペースを造り付けで設けた家や、小物の飾り方のポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!
 

造り付けの飾り棚をインテリア雑貨の指定席に


インテリア小物を飾りたいけど、ちょっとセンスに自信がない…。そんな方は、家づくりの際に、造り付けの飾り棚をつくってはいかがでしょうか?小物をどこに置けばいいか、迷うことがなくなるのでおすすめです。「ニッチ」と言われる、壁をくりぬいて作るディスプレイスペースなら、スッキリ見えてインテリアに統一感が生まれます。でっぱりもないため、狭いスペースでも、動線の妨げになりません。
 


01

ニッチ収納を、キッチンの壁とカウンター下に設けたケース。飾り棚自体がインテリアの一部としてデザインされているため、ちょっと小物を置くだけでおしゃれに見えますね!
 


02_1

デッドスペースになりがちなテレビまわりも、造作すればおしゃれな飾り棚になります。造作でテレビボードを設ける場合は、あらかじめソファやテーブルなどの家具配置を決めておくのがポイントです。
 



03

ニッチ収納自体を、インテリアのアクセントにするのもひとつの方法です。くりぬいた壁を真っ赤なアクセントカラーにすることで、若々しく元気なインテリアになりました。背景の赤に映える色の小物を置くとバランスが取れますよ。ここでは白を基調にした小物で統一させています。
 



03

こちらの写真は、くりぬいた壁にモザイクタイルや天然木を施した飾り棚です。そのままでも味わいがありますので、ちょっと小物を置くだけで、断然おしゃれに見えますね!棚のテイストに合うナチュラルな小物も雰囲気にぴったりです。
 

リビング・ダイニング以外の空間も飾ってみよう


和室や玄関、トイレなどにも、造り付けの飾り棚があると重宝します。小物や花におもてなしの気持ちを込めたり、小物で季節を演出したり。日本人が大切にしてきた、空間を「しつらえる」という習慣を見直すきっかけにもなりますね。
 



03

モダンな和室には、伝統的なつくりの床の間よりも、造作の飾り棚が似合います。照明によって奥行きが生まれ、高級感が醸し出されています。
 



03

壁全体に収納を設けるのではなく、隙間をつくってディスプレイスペースに。視線に抜けができるため、圧迫感が抑えられます。ガラスの棚板の軽快な感じが、モダンな和室にマッチしていますね!
 



03

和室につくった曲線のアクセントウォールに、絶妙な位置で棚板を設けました。一輪挿しや小さな置物が似合う、茶室のような渋い空間になりますね。
 



03

住む人やお客様をお迎えする玄関は、植物や花を飾りたくなるスペースのひとつです。玄関収納の一部をオープンな棚にすることで圧迫感が減り、ディスプレイにもこだわることができます。
 



03

トイレにも小物を置いて、おしゃれな空間にしたいですよね。市販の収納棚などを置くよりも、造作の棚ならお掃除がラクなうえ、統一感も生まれやすいのでおすすめです。
 

センス良く見える!小物の飾り方5つのコツ


複数の小物をセンス良く飾るためには、コツがあります。初心者でもわかりやすい方法をご紹介しますので、ぜひトライしてみてくださいね!
 

1.三角形をつくる


03

物を置くときの基本は「三角形をつくる」ことです。背の高い小物を真ん中に置いて、両脇に高さの低いものを置くとバランスよく見えます。同じ高さのものばかり置くのではなく、高低差をつけて立体感を出しましょう。
 

2.テーマを決める


03

ナチュラル・モダン・エレガント・シックなど、飾る小物のテーマを絞ると雰囲気がまとまるのでおすすめです。写真はナチュラルなテイストの小物やグリーンで揃えたケース。新居の内装やインテリアテイストと合わせて小物を選びましょう。
 

3.色を揃える


03

置いてある小物の色に統一感がないと、ごちゃごちゃして見えてしまいます。同じ色のグラデーション(濃淡)を活かすか、色の数を2~3色に抑えるとスッキリ見えますよ!壁の色とのバランスも気を付けてくださいね。
 

4.素材を揃える


03

ガラスや陶器、布、鉄など、小物にも様々な素材がありますよね。同じ素材の小物で揃えると、ディスプレイがまとまります。光のあたる白い棚にガラス素材の小物を置くと、やわらかな空気感が生まれてキレイに見えます。
 

5.余白をつくる


03

物をたくさん置けば良いというものでもありません。広い棚でも、お気に入りの小物を数点だけ飾ってみましょう。余白(物のない空間)が、小物の存在感を際立たせてくれます。
 
いかがでしたか?飾り棚におしゃれなインテリア小物があると、空間に遊び心が感じられて、心のゆとりにもつながりますね!お店のディスプレイのように、季節ごとに小物を変えれば気分転換にもなります。ご新居では、ぜひ住まいのディスプレイも楽しんでくださいね!