SUMAIパレット

SUMAIパレット|野村工務店

漆喰の魅力③梅雨時にうれしい機能



00


SUMAIパレットでは、自然素材の壁材として人気の高い「漆喰」の魅力を3回にわたってお伝えしています。第1回目は漆喰の成分や産地による違いなどの基礎知識を、第2回目は、漆喰のデザイン性について特集しました。最終回は、ビニールクロスにはない、漆喰が持つ様々な効果についてまとめました。漆喰には、梅雨時にありがちな室内のジメジメやニオイを抑えてくれる頼もしい性質があります。さっそくご紹介していきましょう!
 

【関連記事】

漆喰の魅力①
漆喰の魅力②

湿気を吸収・放出して結露を抑えます


漆喰の主成分である消石灰は、水と二酸化炭素に反応すると、石灰石(炭酸カルシウム)の結晶になります。この結晶が持つ細かい孔(あな)が、空気中の湿気を吸収・放出するため、漆喰の壁は「呼吸する壁」と呼ばれています。
 


01

漆喰の「多孔質構造」は、室内の湿度が高くなると湿気を吸収し、室内が乾燥すると湿気を放出します。これが、天然の除湿器であり加湿器と言われる理由です。梅雨時や夏場など、湿気が気になる季節でも、室内がじめじめ・ベタベタすることなく爽やかな空気を保てますよ!
 


02_1

漆喰の壁は、湿気の多い洗面室にもおすすめです。漆喰壁の材料である消石灰は、カビが苦手とするアルカリ性を示します。ですから、カビの発生を抑えるのに効果的です。もちろん、しっかりとお掃除&換気もしてくださいね!
 


03

漆喰壁の家は、冬場の住まいの悩みのひとつ、結露も抑えることができます。結露は、空気中の湿気が冷たいものに触れることで水滴となる現象です。冷たい飲み物のグラスや、冬場の窓ガラスなどで見られることが多いですね。漆喰の家にお住まいの方からは、「結露がなくなった」との声もたくさん届いています。
 

03

梅雨時は洗濯物を家の中に干すことが多くなりますよね。調湿機能がある漆喰壁に加え、エアコンの除湿機能を使うことで、室内に湿気がこもるのを抑えることができますよ!
 

家のニオイの元となる「4大悪臭」を除去


梅雨時は湿気だけではなく、ニオイも気になる時期ですね。住んでいる人は気づきにくいのが「家のニオイ」。だからこそ、人を招くときには気をつけたいものです。4大悪臭といわれる家の中の嫌なニオイは「硫化水素」「アンモニア」「トリメチルアミン」「メチルメルカプタン」が原因と言われています。(下記の表参照)多孔質構造である漆喰は、このニオイの元となる成分を吸着・分解し、気になる室内の生活臭も抑えてくれるのです!
 


03

キッチンに発生する生ゴミや、排水口からのニオイ、ペット臭、トイレ臭などが「家のニオイ」の元になります。漆喰の壁は、ビニールクロスに比べてニオイの成分を減らす効果があると実験でも実証されています。ペットを飼っているお宅や、来客が多いお宅など、家のニオイが気になる方におすすめです!
 


03

アンモニア臭を抑える効果がある漆喰は、トイレの壁にもおすすめです。ただし、漆喰は水分を吸収しやすいため、野村工務店では、コーティングを施すことで、水がかかっても壁に染み込まないようにしています。調湿・消臭機能はキープできるコーティングだから、水まわりでも安心して漆喰壁にすることができますね。
 


03

室内でペットを飼う場合は、ペット自体のニオイや、ペット用のトイレのニオイが気になりますね。空気中のニオイの原因を吸着・分解する漆喰の壁なら安心です。
 

調湿・消臭だけじゃない!漆喰壁のメリット


調湿や消臭以外にも、漆喰壁にはビニールクロスにはない様々なメリットがあります。それは抗菌・抗ウィルス性、抗アレルギー性、防火性といった効果で、快適な暮らしを実現することができます。

・抗菌・抗ウィルス性



03

漆喰の主成分である消石灰は、鳥インフルエンザの消毒作業にも使用されているものです。実験においても、漆喰壁の表面に付着したウィルスは、増殖せずに99%不活性化することが確認されました。アルカリ性を示す特性によって、カビの発生も抑える漆喰壁には、室内をクリーンに保つ力があるのです。
 

・抗アレルギー性


03
野村工務店の施工する漆喰壁は、天然素材を主成分とし、接着剤にも化学物質を使用していません。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質が出ないので、小さなお子様がいても安心ですね!更に、家具などから発生する化学物質を吸着・分解する機能も、実験で証明されています。

・防火性



03

※野村工務店の実験より
最後に、火災時にも安心な素材であることをご存知ですか?ビニールクロスは簡単に燃えてしまいますが、漆喰壁の成分である消石灰は無機物で不燃性の物質です。火に強いため、昔から防火壁として蔵など大切なものを保管する建物にも使用されてきました。また、化学物質の燃焼による有毒ガスの発生などもなく、環境にもやさしい素材なのです。

これまで3回にわたり、漆喰の魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?日本の住宅の多く(実に90%以上)はビニールクロスが使われていますが、天然素材の漆喰は、ビニールクロスにはない高級感や味わい、室内の湿気を調節し、ニオイを抑えてくれるといった様々なメリットがあります。より快適な暮らしのために、ぜひ検討してみてくださいね!